静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

建て主さんの思いをひとつひとつ積み上げて

富士山のきれいに見える御殿場で、11月12日、13日建前をしてきました。

チルチンびと仕様の建物として、住まい手と作り手の健康そして

地球環境に配慮して合板や新建材は使わず、国産材木だけで、

建て方をおこないました。

通常一般的には、耐震等級3にすると2階床、小屋は、床剛性を保つために

構造用合板を使用します。

私は構造用合板を使用しないので、厚み30mmの杉板を床梁にからめ

斜め張りして、水平剛性を確保しています。

建て方のとき、合板のいやなにおいもせず、木の香りのなかで

気もちもいいです。

ご近所の方も見に来て、「今はこういう木をふんだんに使って

がっちり建てている家が少なくなってきたんだよね」と

「こんな家がいいね」と言ってくれました。

建前をすることは、建て主の思いを木材と一緒にひとつひとつ

積み上げていくものだといつも感じています。

この現場は国産材だけの木材を使用して、合板もいっさい使用しないで建てます。

作業していても、なにげなく目をむけると、杉の梁のやさしい木目に誘われます。

今は、むきだしになっている杉の梁は、天井の裏にはいって

見えなくなってしまいます。

なにかもったいない気もします。

いとおしくて、今度は杉の梁の表しの設計もしていこうと決めました。

床の剛性は構造用合板を使わず、杉の厚み30mmの板を斜め張りにし

水平構面を保ちます。

建て主さんが、木のよさを本当にわかってくれているからこそ

こういう家を建てることができるのだと、私は感謝しています。

木の表面にうきでる木肌がなんともいえない、ぬくもりを感じます。

 


ページの先頭へ戻る