静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

プランニング(1)

最近私は仕事で、間取りを考える時間が多くなりました。
今までいくつもの住宅の間取りを考え、
形にしてきました。
その時その時に、真剣に作ってきた間取りは、今、
はたして建築主に満足してもらっているだろうか…
気になるところです。

今、時代は進み、建築様式も変わってきています。
私も経験を積み、感覚や考え方も変わってきています。
今もう一度考えれば、よしあしはともかく、
また違った間取りになると思います。
プランニングは、携わる人によって
その時のインスピレーションや感覚で様変わりします。
だから、建築主にとって誰に依頼するかは、重要な要素です。

建築主の要望を聞き、差し障りないものを既製のプランのなかから
見つけるのも建築ですが、それでは夢がありません。

建築主が、何を求めているか、そこから見えてくる言い表せない部分や、
感性や思いを見つけ、想像して現実的なものにしていくことが、
建築設計の醍醐味でもあり、面白さでもあります。
そして具体化した部分を、建築主にあらかじめ提出して見せ、
反応や印象を伺いながら、時間をかけおしすすめていきます。
あくまでも、住む人と一緒になって考えていきます。

そして完成したとき、自分の希望した要望があり、
言い表せなかった部分がおりこまれていれば
完成の喜びは、よりいっそう大きなものになります。

依頼者の気持ちになって、自分にしか出来ない部分
そこにしかないものを発想して作り出す
本当の意味でのオリジナリティが、建築設計には必要です。
それが、ヒットしたとき住み手にとってよい家になるのだ思います。

 

1279586440

ページの先頭へ戻る