静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

家づくりの楽しみ

ずいぶん前に、買い求めていたのですが
やっと、昨日から
堺屋太一さんの「三人の二代目」を読みはじめました。

戦国時代という、想像さえも難しい時代を
難題をのりこえ、どう生き抜いたのか
読んでいくのが楽しみです。

家づくりの楽しみ

考えてみれば現代も
戦国時代とは、きびしさは天と地ほどの差はあっても
つねに、一つ一つ選択しながら生きています。

決心して、こうしたんだと自覚していなくても
朝起きてから眠るまで、
ささいなことから重大なことまで
どうするか決めて、行動しているんだと思います。

家づくりの楽しみ

そんなことを思っていたら
建築主さんが、瓦、外壁の色、タイル、設備機器、照明器具など、
真剣に一つ一つ、選んでいく姿がうかんできました。

植松は、よりイメージに近いものを選びたくて、
あっちこっちから、サンプルを取り寄せ
どんどん数が増えてしまうので
建築主さんは、一つを選ぶのは、楽しい反面
さぞかし大変だろうと思います。

家づくりの楽しみ

でも、この工程が、とても楽しかったと言ってくれます。

自分たちが、一つ一つ決定して家を作っていると
実感できるから…でしょうか

(小幡)


ページの先頭へ戻る