静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

住みつなぐ木の家

最近、少し景気がよくなり、住宅の建築が多くなってきました。

いとも簡単に建ててしまう、量産型の既製品の住宅や、

リーズナブルな工業製品で作られた住宅が、増えてきました。

その反面、手づくりで長時間かけ、技術をいかしたオリジナリティのある、

あたたかみのある家の割合が少なくなってきています。

 

昔の人が築き上げた、日本の風土に合った、無垢の木としっくい、

自然素材でつくられた家も見直してほしいと思います。

Fuji-039

最近、あまりにも量産型の住宅が建てられてしまうため

国土交通省も、昔からの住まいを見直すように、警鐘をならしています。

(ホームページを参照してください)

国土交通省HP - 和の住まいの推進

 

このままだと伝統的な住まいづくりとともに、技術の継承もできず、

日本の暮らしの文化が失われていってしまいます。

 

無垢の木は、やさしくあたたかく、ぬくもりを感じます。

塗り壁は、空気を浄化し、さわやかな空間にしてくれます。

手づくりは、思いや情緒を伝えてくれます。

木やしっくい、石、紙など、本物の自然素材でつくった家は

時が経つほどに、風合いが増してゆき、愛着がでてきます。

 

メンテナンスをしてゆけば、素材は裏切ることなく、百年近く

歴史を刻んでゆきます。

ずっと住み続ける家です。

家を、既製品や商品を買うように簡単に考えず、じっくり考え

楽しみながら建ててほしいのです。

Fuji-050

使うもの一つ一つを吟味しながら、その家族とその周辺環境にあった、

将来をみすえたオリジナリティあふれる、ただひとつの家にしてほしい。

それが、大切な家族の健康や、いこいの時間、子供たちの質感を

育ててゆきます。

そして、日本の建築技術の継承にも、つながってゆきます。

 

家族を、その木のやさしさで、いつも包みこんでいてくれるような

そんな暖かい家を、建ててほしと思います。

(植松)

写真:相原 功

 


ページの先頭へ戻る