静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

住宅には調湿効果も大事

住まいの住環境の影響で、最近、アトピー、喘息、花粉症など

アレルギーを発症する子供が、たくさん増えていることが、

問題になっています。

 

それは一因として、現代の調湿効果の乏しい住まいにあると、

懸念されています。

高気密、ビニールクロス、ラッピングの木調建具でつつまれた部屋には

調湿は期待できません。

 

放っておけば湿度70%近くになり、カビやダニなどの発生する状態に

なります。

30%になれば、ウィルスやハウスダストなどが室内に蔓延して、

肺のなかへ吸引してしまうことにつながり、肌や鼻の粘膜も乾燥して、

悪影響をあたえます。

高湿になればダニ、カビ、低湿ならハウスダスト、ウィルスなどを発生し、

人体に潤いがなくなり、アレルギーの発症につながります。

 

適切な湿度のなかで生活することが、アレルゲンも少なくなり

発症をおさえます。

 

昔の家はよく出来ていたもので、しっくい、無垢の木、すきま風などの、

程よい調湿効果により、適切な湿度に保たれていました。

住宅には、調湿はとても大事なことです。

 

ƒŠƒ‹ƒ`ƒ“‚Ñ‚Æ

今、調湿効果の乏しい家が、アレルギーを増やしているといわれています。

国は、このままでは医療費が増えてきてしまうということで、ようやく

腰をあげて、その研究、対策を考え始めるようになってきました。

何年か先には、室内の調湿に関する規制が始まるのではないでしょうか

それまで、自らが気付かなければ、そういう家を作りつづけるのでしょうか

情報を早くつかんで、自己の考えにおいて健康被害にあわないように

しなければなりません。

 

ƒŠƒ‹ƒ`ƒ“‚Ñ‚Æ

化学物質を出さないことと並行して、調湿も大事です。

住む人の健康に直結しています。

家和楽工房の提供する住まいは、今までと同じように

化学物質は少なく調湿効果のある、しっくい、無垢の木を使用して

健康的な住まいを建てています。

 

また一年、健康的な住まいづくりをしてゆきます。

 

 

 


ページの先頭へ戻る