静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

丸太梁再び

まだまだ寒さの厳しい毎日ですが、なんとなく

春は近づいてきているなぁと感じるこの頃です。

 

IMG_3850

明治時代に建てられた、1階は石造り2階は木造の

蔵を解体しています。

2階の丸太梁は解体後、そのままの同じ木組みに組み、

今度新築する家の居間の梁になります。

建て主が子供のころから親しんできた蔵の梁なので、

時間のしみついた木は、きっと居心地のいい空間をつくり、

心のよりどころになってくれることでしょう。

その居間で天井の梁を見上げるのが、待ち遠しいです。

 

いいものは古くても、手をかけて、きれいにしたり、

手直ししたりして、再び歴史をつくっていきます。

 


ページの先頭へ戻る