静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

今日は上棟式でした

今日は上棟式でした。

 

IMG_4030

建方といえば、ベニヤを使って建てるのがあたりまえになっていますが

私どもが、ベニヤや集成材を何も使わずに、無垢のひのき、杉を使って

建てているので、不思議に感じたのか、木の香りに誘われたのか

近所の方が何人か見に来られました。

 

「今どき、こんなに木をふんだんに使って建てるところがあるのかね」

と言われます。

しかし私は、これが本当の建物のあり方だと思っています。

 

屋根材も合板を使わず杉板で張り、2階の水平構面も構造用合板を使わず

杉板厚30の板を斜め張りします。

また、耐震壁も合板を使わず、ひのきの筋違を建築基準法の2倍近く

確保します。

 

昔ながらの、当たり前のことをしているだけなのです。

より長く家をもたせようと思うと、無垢の木材だけで建てた方が

一番だと思う、こだわりからです。

 

IMG_4049

安価にするために、手間をかけず簡単にすますために構法が

変わってきました。

その弊害として、職人さんや住まい手の健康が、おびやかされます。

また、耐久性のない建物になってしまいます。

 

今回は、屋根の野地板(屋根に張る板)も斜め45°に張り、

より水平剛性を高めました。

 

IMG_4067

その後、建て主のご家族が2階にあがり、簡単な上棟式を

行いました。

2階の床で、おとうさんとお子さんが、2礼2拍1礼のおじぎをして

家の安全を祈願しました。

 

小さな手を合わせたお子さんの姿は、私の幼い頃のあじわった上棟式と

オーバーラップして、何ともいえませんでした。

 

いつまでも覚えていてくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る