静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

ふと思う 2

同じような家が、どんどん建っていく。

 

家って、そんなに簡単に出来るものなのですか

人が一人一人性格が違うように、

家もそれぞれ違っていいはずなのに。

 

昔、みんなそれぞれに家に対して大きな夢をもっていた。

でも、今はどうだろう

今は、同じような造りで同じような家に見えて

しかたがない。

 

それとも、みんなが同じ夢をもつように

なってしまったのでしょうか

出来合いのもので済ますようになったのですか

家に対して考えるのをやめてしまったのでしょうか

人任せにしてしまった結果なのでしょうか

 

その先には、何が残るのでしょうか

 

50階段手すり

写真:相原 功

 

少なくとも私は、夢がふくらむような家を建てていきたい。

そうしないと、建築のおもしろさが無くなってしまうから

 

 


ページの先頭へ戻る