静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

瓦は、風景にとけこんでいく

事務所の近くの新築現場で、曲線の美しい、

おとなしい気品の感じる瓦を葺いています。

 

いつも私は、瓦選びに、どこの家でも迷走してしまいます。

 

周囲の環境、屋根の形、住まい手の要望,感覚などから

そこに溶け込んで雰囲気をつくってくれ、

マッチングする色や形の合う瓦を探します。

 

最終的に、ずっとその場所にとどまって

周囲の風景の一部になってゆくものです。

 

私の瓦選びで、風景の一部になるかどうか

決まると思うと、真剣になるしかありません。

 

IMG_4920

この家にふさわしいと、私が選んだ瓦は、素焼きの

ぬくもりのある、いぶしの瓦です。

 

一般的な平板瓦よりも、小さく、丸みもあります。

 

目地は、レンガ積のように、互い違いのように

見えてきます。

 

木片をはった、こけら葺きのように瓦の厚みも感じ

自然味にあふれています。

 

また、瓦の美しい曲線のシルエットが、やわらかいやさしさを

感じさせてくれる瓦です。

 

 

IMG_4923

これがいいと、私が決めた瓦が、最終的にどんなふうに

周囲とマッチしていくのか

今から出来あがるのが、楽しみです。

 

そこにとどまり、そして、そこに溶け込んで

あきない美しい風景になってくれるだろうと

思います。

 

この現場で、構造見学会を開催する予定でいます。

日時が決まり次第、ホームページでお知らせします。

そのせつは、どうぞお越しください。

 

 


ページの先頭へ戻る