静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

「KAGU」メッセ 家づくりにつながる家具

今年も、静岡「KAGU」メッセに、お客様といっしょに

家具を見に行ってきました。

IMG_5006

 

静岡には、江戸時代から家具づくりの伝統があります。

 

それぞれの製作会社が競い合って技術をたかめ

魅了する家具を作ってきました。

 

けれど今は、大量生産で安く仕上げて量産品を供給するのが

現在の家具の、流通の主流になってきました。

 

そのため、手づくり感のある家具をつくる職人さんが

数えるほどしか、いなくなってしまいました。

 

それでも頑張って、家具を愛する人のためにと

良質の家具をつくっています。

IMG_5014

 

私たちが、その良さを知り、注文しなければ

仕事がなくなり、後継者も育たず、衰退してしまいます。

 

私のつくる家には、手づくり感のある家具が、よく似合いますが

そういう家具は、選ぶと家といっしょになって、暮らしをより

楽しくさせてくれます。

 

みなさんは、作り手の話を聞いたり、目でスタイルを鑑賞したり

手で感触を確かめたり、座ったりしながら、

家具との出会いを楽しんでくれました。

IMG_5015

 

カタログや写真ではなく、出かけて直接家具にふれることで

その家具の本当の品質を知ることができます。

 

自分の住まいを建てた時を想定しながら、どんな家具を選んで

しつらえようか、夢がふくらみます。

 

いろいろなもの見て感性を養うと、視野がひろがり

バリエーションが増え、家づくりも楽しくなります。

 

家の良さは、本体だけでなく、カーテン、照明、家具など

それぞれの調和によって決まります。

 

洗面器に水をためると、周囲の水のレベルは一定の高さに

なります。

 

それと同じように、住まいも、しつらえるものを

同じトーンで、バランスを考えて配置すると

居心地のいい空間が生まれます。

 

レベルの違うものがあると、それが目立ち、落ち着きません。

 

好きなものだけでなく、そこにおかれる周囲との相性が

ポイントです。

 

家具に限らず、家を建てる機会に、いろいろなものを見て

感性を養えば、より、自分らしい家づくりができるのでは

と思います。

 

そのための一つとして、少しでも役立つよう、私たちは

「KAGU」メッセツアーを開いています。

 

IMG_5016IMG_5023

 

ツアーのあと、感情もさめやらぬうちに、日本平に上り

昭和の時代に建てられた、昔ながらの風情のある場所で

情緒と自然をごちそうに、遅い昼の食事会をひらきました。

 

一緒にいたみなさんは、会話がはずんで楽しそうで

いっそう家づくりの夢を、ふくらませてくれたような

気がしました。

 

 

 


ページの先頭へ戻る