静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

丸太梁再び2

2月に解体された、建築主が子供のころから親しんだ

古い石蔵の丸太梁は、新しい形で復元するため

材木屋さんの作業場で、静かに眠って待っていました。

 IMG_3850

 

今度は、新居の居間の梁になるために

大工さんの手により、手加工が始まりました。

 

 新しいものと、古いものを融合して、

それなりに見せるのは、生易しいことではありません。

大工の経験値と腕によるところが大きいです。

 

建築主の喜ぶ顔をみるため、英知をしぼりながら

作業をしています。

 IMG_5331

 

出来たときに、時代を刻んだ丸太梁が、新しい八寸角の柱や

梁、桁と組み合わされて

天井を見上げれば、子供のころに見た懐かしい丸太が

そこに何の違和感もなく存在して、居間の空間を

作ってくれることを想像しながら、仕事をしています。

 

時を過ごした丸太梁は、いいものです。

 IMG_3853

癒されます。

 

人に合います。

 

そして、

やさしいです。

 

 


ページの先頭へ戻る