静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

雨のなか、フルマラソンを走りました。

この数年、毎年、大町アルプスマラソン(長野県)を走ってきましたが、

今年10月20日の大会は、あいにくの雨でした。

いつもなら、きれいな空気をすって、美しい山なみと田園風景を見ながら

気持ちよく走れるのに、雨は、やみそうにありません。

 

あとで体調をくずし、仕事にさしつかえるかもと、走るのを躊躇しましたが、

ここまで来て走らないで帰るのも悔しいので、走れるところまで走ろうと思い、

カッパを着て、ゴールにたちました。

 

多くのマラソンランナーが思い思いの恰好をして、ある人はゴミ袋をかぶり、

ある人は傘をさし、ある人は裸に近い恰好で、スタートしました。

その中をひきづられるように、私もスタートしました。

走りだすと、マラソン魂に火がついてしまい、走りきろうとしている自分に

なってしまいました。

雨が、カッパを着ていても、体中を濡らしてきます。

 

30km地点で、体が冷えきり低体温症になりそうなのが、わかります。

ここでやめると、体をますます冷やしてしまい、棄権することになる、

それじゃいやだと思いながら、体を温めるために走り続けます。

ここまで来ると、思うように足は動きません。

いっそ、やめてしまおうかと何度も思いながら、前へ前へと

足を動かします。

 

そんな思いのくり返しで、ゴールにたどり着きました。

ゴールしたあと、最高の達成感が私を迎えてくれました。

DSC01354

完走証も、雨に濡れてボロボロになってしまいました。

マラソンは、やっぱり晴れた日がいいですね

 


ページの先頭へ戻る