静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

水門「びゅうお」に 夕日が沈む。

千本海岸を抜け 、ジョギングをしていると 、沼津の港で こんな美しい風景に 出会いました。

沼津港 展望水門 びゅうお

「びゅうお」の門の 間を、ゆっくりと 、最後のエネルギーが 、燃え尽きるように 、空を 赤く染めて、 海の狭間に 、日が沈んで行きます。 水門が、 作り出した 明るく形とられたスクエア が、まるで、 絵画のように美しく見えてきます。 自然と 人工が 作り出した 協同の賛美です。

そして、 そんな思いに ふけって、水門を眺めていると 、夜の帳が下りる頃に 、一艘の 漁船が 、たまゆらような やわらかな波紋を 、残して 夕日に誘われるように 、夜の海に消えて行きました。 どこに行くのでしょうか、 気になります。 今日の海は、穏やかで、とても やさしく思えてきます。

ライトアップ

また、暗くなると 「びゅうお」は、 ライトアップしてゆきます 。 オレンジ色の光が 、 冷たいコンクリートの 水門をあたた かく 映し出し 、そして、展望台の ガラス面は ブルーの光に 覆われます。 照明の色のコントラストも、とてもきれいで、「びゅうお」の 立体があざやかに映りこんできます。

時間を追うごとに、 「びゅうお」は、色んな表情を見せて、楽しませてくれます。

今日は 夕日が沈む頃の 、印象的な 「びゅうお」に出会ました。そして、こころが癒やされました。

私は帰るのも忘れて 風景の虜になってしまいました。 また、明日になれば、違う 「びゅうお」が、 見れる事でしょう。

ブログ 徒然 未分類:2022年01月20日(木)

居間にステンドグラスを

今、建築中の 東伊豆の 住宅で。

家が出来上がった時 、日常生活を楽しむには、 何らかの 工夫が必要だと思う。 家は 黙って待っていて は 味わいのある家にはならない。 建築主なり 設計者が 、自ら 愛情をもって 、家に叡智を注ぎ込まなければ 、住む人が 、気に入るオリジナリティな 家は 産まれない。

自分なりのイメージを 、家に 膨らませ、 作り込めば、 できてからの 長い大切な時間を 、楽しませてくれる。

作る時 、気配りと 気遣いが 家を良くして いきます。

居間のパース

これから、階段室の吹き抜けと 、居間の境に入れる 手製のステンドグラスは 、そんなひとつの、家に対する 愛情の形です。

西日が当たる 階段室から、 光がさして、 手製の ステンドグラス越しに、暖かな淡い光の束が、居間いっぱいに広がる。 じゃまにならない やさしい光が、やわらかな空間を演出してくれる。 ソファーに座りながら 、 時の移ろいに 変わって行く 光の色調を 楽しむ。 そんな光景が 目に浮かんできます。

居間にはいる手作りのステンドグラス

今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。 正月早々、ジョギングをしてきました。 千本海岸は、 風もなく、海は深く青く、穏やかです。 空は、澄み渡って、 美しい富士山は 、雪の山肌を くっきりと映し出して、 より雄大に見えます。そんなさわやかな気持ちから、 一年の出発に ふさわしい日に 思えてきます。

千本からの富士

今、こんな風景に包まれ 、足を運んでいると 、住宅への熱い思いが 浮かんで きます 。 今以上に、人にやさしく 、人に寄り添う、いつまでも感動できる 家を作ろうとする躍動感が、心の中にひたひたと、静かに流れてきます。

駿河湾

この一年、 どこまでできるかわかりませんが、 背伸びせず 、身の丈にあったことを 、ひとつひとつ 丁寧に やっていこう思います。

狩野川と沼津の街

外壁塗り替え

外壁も20年も経つと 、汚れたり、 色があせたり 、剥がれたり、 カビたりして きます。 放っておくと内部に 水が浸透したり して 、構造体を 腐らせてしまう 場合もあります。 けれど 、塗替えの 一番の理由は きれいにして 気持ちよく 住みたいと 思うからです。 そして、夢があるから 建築主は今度は どんな色を塗ろうか 迷います。 色は 明度、彩度、 色彩により どんな色でもできます。 その中で 建築主の希望の色 と 、環境に 合う色を 見つけることは 難しいことです。 それを見つけて 、お手伝いすることが 私の建築士としての仕事です。

塗り替え前

西伊豆で 、外壁の 塗り替えの依頼を受けました 。 その町は 、今年環境条例が 施行され 、街の環境に に合った色 しか使いえせん。目立つ 艷やかな  色などは、だめです。おとなしい色しか使えません。 共同住宅ですが 依頼主の希望は、 前と同じように 赤い トーンの 色にして、 目立つようにしたいとの ことでした。 役所の 景観条例を 、無視して 希望の色を塗るわけにもいきません。 人それぞれに好みの色が違うので 、その人に合った 、その環境にあった 、これという色を 見つけるのは非常に難しいです。

私は住むところ である共同住宅、 住宅 など の 色選には 、こんな風に なって欲しいと言う イメージがあります。 周囲と 仲良くなる色 、目立たなくてもいい 、鮮やかでなくてもいい 、だけど、さりげなく 印象的な色、 出しゃばらなく 、くどくなく、 つつましく、そしてやわらぎをあたえる色 、人工の色でなく 自然 色 に近い色 、住む人に 引き立て役になるような色 、誰にでも好かれる 公約数の色 、心がやすらぐ色、 側にいて 落ち着く色 、どれもが人に 寄り添うような色です。 人が 住むところですから 暖かく 、優しく、 つつまれるような色がいい 、多分 誰もがそう思います。

アフター

私は、そんな気持ちを 大事にしながら、 現地で 色見本帳を取り 、周囲と 建物をにらめっこしながら 時間をかけ、 色選びをします。 時にはその日で 決まらないこともあります。 自然に こんな色がいいと言う 答えが やってくるまで、まっています。 色は計算して 答えが 一つ 出るのではなく。 感覚や、感性から 色々な色が 浮かび上がってきます。 これでいいと言う 答えは ありません。試行錯誤して 、その中から ひとつにチョイスして 、建築主に 了承をとった上で 塗装工事を 施こします。   

後は、自分自身の 感覚を信じるしか ないです。 足場が取れて、 建物が あらわになってそれを見た時、 自分の中で ある程度 答えが出ます。 その時 いいなと 思う 感覚 になれば 成功です。 色選びはいつも不安 だらけです。 だけど 楽しいです。

床を強くして家を守る

今まで 、床や屋根の 強さは あまり 重要視 されて きませんでした。 耐力壁の 強さ、 柱の引き抜き 、壁のバランスなど は 建築基準法 に規定されていますが、 床の強さの 規定は 記述 にありません。 でも、床の剛性は 、木造住宅の耐震性には重要な役割を果たします。 役目としては 地震力を耐震壁に 伝えます 。また、 地震に耐える 壁のバランスは、床の強度が十分 あることで 保たれます。 床が変形したりすると、 建物がねじれ耐震壁 に うまく伝わらず、 倒壊する 危険があります。

2階の梁

一般的に床の強さを高めるには 3点あります。            梁と梁の交差部に 斜めに火打梁をいれる。           床を 認定を受けた 、合板 ボードで はる。            工法認定の無垢板張り      以上を単独 、または複合したり しながら、下階の壁の配置をふまえ、 強度計算をして 安全を 立証します。

2階の床に杉無垢ボード

私は、床については 、 一般的に使われている 接着剤 など で固められたベニヤ合板などで施工しません。 体と 環境にやさしいもの 、なるべく無垢材を使って建てたい 理念があるからでです。 2階部分の床は、 認定を受けた 厚み28 mm の 杉の無垢ボードと 火打梁を 併用して 設計します。 一般的には新築する際は屋根部分は 合板です。 私は無垢板を 使用したいので 杉板を 屋根面に 45度に斜めに はります。 そうすることで 、屋根の剛性を確保します 。

屋根材を斜めに張っている

屋根は、直接環境に影響される部分です。 直射日光を受け、風雨にさらされ、日動、季節の温度差に 影響されます。 一番ダメージを 受けます。 長年、 住宅建築に携わっていて 、わかったのは 屋根面が、 一番 腐食したり損傷する のが多い事です。

屋根面杉板斜め貼り

直射日光に熱せられ、 凍りそうな冬の寒さ 、それでも 屋根材は 、ある程度 、耐える材料で できていまが 、その下地に関しては、 耐えられる 材質になっていないのが 、現状です。 私は何件も、 朽ちた屋根の合板を見てきました。 下地が腐ると、 屋根材を はがさないと、 直しようがないのです。 大幅な 費用が、かかってしまいます。 温度差により、 結露したり 、蒸れたり 長期にわたって それを繰り返した 結果です。 その反面 、昔ながらの 無垢の杉板の 屋根下地は、傷んでいません。 以上のことから、 私は、屋根に、無垢の杉板を使用します。

家を 大事に 長く 持たせたいなら 床、屋根下地は 無垢材がいいと 思います。

水平構面は 大切です。 地震に対して 重要な働きをします。 いくら耐震壁が 多くても、床が強くなければ、耐震性は乏しくなります。 家を建てる時は 、あまり知られていませんが、 床や屋根の材料にも 気を配り、 床の剛性にも 、目を向けてほしいと 思います。

ページの先頭へ戻る