静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

裾野の家が完成を向かえています。

裾野の 家が ようやく 完成を向かえています。10年前に建てさせていただいた家のご紹介で請けおわせていただきました。私のコンセさプトである自然素材、日本の無垢の木、自然木、など本物にこだわり、シンプルで無駄のない未来の家族に繋がる、温かな家が完成したと思っています。

玄関を開けて入ると木の匂いがしてスッキリとして、いやな匂いはいっさいしません。床は信州から取り寄せた唐松、張りました。その下地もベニヤ板でなく杉板です。柱は地元の富士桧、クロゼット、下足室、押し入れの壁は空気浄化、調湿効果のある杉板です。室内の壁は、健康に厳しいドイツから生まれた壁紙コバウ、その上に調湿効果のある自然塗料フェザーフィールを塗り真っ白な落ち着いた壁に仕上げました。化学物質の匂いは無く、空気がきれいで気持ちいいいです。森の中にいる気分です。暖かい日☀️に唐松の板の上で昼寝をしたら、さぞ、気持ちいいと思います。

また、家具も自然木で作り上げました。ダイニングテーブルは、ならの木です。無機質な デコラの テーブルも 綺麗で いいけれど、 やはり 、食卓を囲むのは 、やわらかさと 優しさのある 無垢の木の テーブルの方が いいと思う 。そのテーブルの上で 食事をしたほうが 、はるかに和むのではと思う。 自然木はやさしいです。そして、食事を引き立てます。

テレビ台 や 食卓テーブル 横のカウンター も 自然木で 作りました。 市販のテーブルや テレビ台 、 食器棚 、 家具を買う予算があれば、 建築工事費の中に入れ 作ることが可能です 。そして室内に マッチして納まります。 地震の時 作り付けなので 倒れてくる心配もありません。

そして、時が経つにつれて 、木は飴色になり 、風合いが増してきます 。そして、それが愛着につながります。 手入れをしていれば 、劣化もしません 。汚れても、傷がついても サンドペーパーや 、かんなで 削れば 元のように きれいに再生します 。自然の木は長生きで人に寄り添います。

木は人に 五感を感じさせます。 匂い、手触り、 見た目の優しさ、 柔らかな反響音、 赤ちゃんが舐めても大丈夫な木のおもちゃ、 私が作りたくなる住宅は、 五感を感じさせる木の家です 。

また、私は、タイルが好きなので 台所 、洗面、玄関、に惜しみなくタイル を使っています。 タイルの色合いと手作り感が 何とも言えません。 一つ一つに独立性が あるので 使い方で 面白さを演出できます 。そして出来た時の 表情が 好きなんです。そして、私はタイルに子供の頃の 郷愁を感じるのです。

木は人を楽しませ、人を裏切りません。家族みんなを癒してくれると私は思っています。やさしい木に、つつまれて生活することは最高の贅沢だと思います。

この家を ご覧になりたい方はメール、お電話等で ご連絡ください。 いつでも、ご案内させていただきます。

家づくり あれこれ:2020年04月03日(金)

リノベーションにはデティールが大切

家和楽工房では今新築とともにリフォームの仕事を請けて施工をしています。 新築と違い一からイメージして建築主に合った家を作りあげてゆくのではなく、既存のある家に現代の生活様式を取り入れ住みやすい家に再生してゆかなければなりません。既存建物であるため、かたち、骨組み、広さ、は思うよになりません。いろんな面である程度の制限がかかってきまがその中で最良の住宅を提供して行こうと思います。

わたしがよりよいリフォームだと思うのは、前に建てた大工さんの思いや良い所を生かしそこを原点として,バリヤフリーや耐震性、光熱費のコストダウン、断熱材設置による省エネルギー性能、建築主の生活様式に合った住宅機器の選択、設置、雰囲気をかもし出す仕上げ、そして化学物質にさらされない健康な居住空間作り出すことが私のリフォームの役目だと思っています。基本は前の家です。最初のときの構造がしっかりしていれば人が最良に手をくわえてゆけば、家はその都度、成長してゆき住む人を楽しませてくれます。

環境、使用材料、構造、メンテナンスなどによって家の寿命はそれぞれ異なります。。基礎、構造木材が著しく朽ちく、損傷して補強しても今の耐震基準にならない場合、内装や新しい住宅機器にリフォームしても家が地震で傾く可能性があるとすれば、私はお金をかけても無駄だと考えます。建物が倒れないのが一番の優先順位だと思います。この場合は予算も大変すが、安全のために、建て替えを進めます。この家は20年経っても基礎、土台、はしら、はり、など構造材もしっかりしていて直しがいのある家だと判断しました。構造がしっかりしていれば必要箇所に筋交いや耐震金物を入れ今の耐震基準を充たすことができます。また、基礎もひび割れがなく強固ならばある程度補強で不動沈下も起こしにくくなります。解体費用も削減され、基礎、構造が残り骨組みの費用はかかりませので、最終的には大幅な予算削減にもつながります。新築するより、大半変えても3分2以下にはなると思います。

そして、また、重要なことが細部の納まりです。新築は新に作り出すものなので自由がききます。改築は以前残っている納まりを基準に新たな納まりを考えなければなりません。その建物に合わせたきめこまやかな配慮が必要になってきます。それをおろそか にして納めようとすると、必ずあとで、支障がでてきます。そこであらかじめ、現場を把握して検討して、現寸図、詳細図を描いて納まりを確認して初めて施工うつります。リフォーム現場はキット化した既製品ではまとめることができません。

リフォームは、大工さんの腕にかかっています。大工さんの技術はたいしたものです。ノコギリ、カンナ、ノミを使い手作業で私が描いた詳細図でくるいなく現場をまとめてゆきます。大工さん、職人さんの作業がとどこることがないように私はデティールを描いて仕事がスムーズに進むよう心がけます。ひとつ、ひとつの積み重ねた気づかいと、細やかな納まりが集大成となり、すっきりとした自然味のある住み心地の良い住宅が完成するのだと思います。また、職人さんひとり、ひとりのチームワークから良い家が生まれます。

そして、住むひとに喜んでもらえば最高です。

家づくり あれこれ:2020年03月28日(土)

🏃ジョギング

依頼主さんへのプレゼンテェションと見積りが終わり仕事が一区切りしました。休日の夕方開放された気分になりひさびさにジョギングがしたくなり足が自然に海に向かっていました。

松林をぬけて堤防に来ると海が広がります。後ろを振りかえるとやさしく富士山が見つめてくれます。走りなれた堤防の上を心をからっぽしてゆっくりとゆっくり🐌と足を運びます。

おだやかな海からの風がやさしく、気持ち良く、心が和んできます。山並みと水平線と波打ち際を眺めながら何も考えずに走ります。

静かな景色につつまれ、ここで生まれこうして走っている事に幸せを感じます。時間ともに日が落ちてきて帰る時には別の景色に変わってゆきます。

沈む夕陽と暮れてゆく景色を見ながら帰ってきます。スマホに入れたアプリを見ると17330歩、11km、1時間58分、気がつけば2時間近く走っていました。走った後気分がリフレッシュして、また、あしたから良いものを作ろうとする意欲が湧いてきます。気分転換になりました。

徒然:2020年03月21日(土)

木組み

あらかじめ構造を計算し丸太の太さを決め木組みの形を設計します。丸太をちょうなで削って綺麗に仕上げ仕口を作り継手を組みあわせて、そして、美しい骨組みになります。家和楽工房では大工さん、職人さんと一緒になって ぬくもりのある手づくりの家を作ってゆこうと思っています。

家に対するこだわり、想い:2020年03月10日(火)

内装を自然素材 学習塾

内装を自然素材で作った学習塾が、

ようやく完成します。 続きを読む

ブログ 家に対するこだわり、想い:2019年10月26日(土)
ページの先頭へ戻る