静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

丸太梁の家

住宅は今、量産化の波にのり、大量生産された新建材で

日本のどこでも同一化した住宅が、短期間で建てられています。

 

その土地にあった風土性は失われ、個性的な家もなくなりつつあります。

外はサイディング、内はビニールクロスなど人工的な新建材の中では

人それぞれの感じ方や個性の差は小さくなり、均一的な感情しか

生まれてこなくなりそうです。

五感で感じることが少なく、情緒や芸術的な感覚がふくらみません。

 

自然の木でつくりあげた住宅には、それぞれ個性があり、木のにおい

ぬくもり、感触があり、五感を刺激し、季節感や空気感を与えてくれ、

生活を豊かにしてくれます。

住宅の役割であるあたたかみ、包み込むようなやさしさで

やすらぎを与えてくれます。

そして、自然と共存して生きていることを常に感じます。

 IMG_0629

 

そんな折、ある建築主さんから、「丸太梁で美しい木組みの家を

建てたい」という設計の依頼がありました。

今どき、なかなか丸太を使っての本格的な和風住宅の建築は少なく、

建築士として、そんな仕事が出来る事のありがたさを感じます。

 

現在、大工さんが加工場でチョウナという道具を使い、カメの甲らとか

鎌倉彫りのように丸太の表面を削っています。

どっしりした丸太が、やわらな表情になってきました。

今、加工している大工さんも、かつては新建材を使って家を建てていましたが、

無垢の木の家の仕事をしたいと、私のところに来ました。

慣れない作業を、一つ一つ丁寧に進めています。

「苦労だけど、こういう仕事が出来るって幸せだ」と、その大工さんも

私とおんなじような事を言っています。

IMG_0642IMG_0638

 

丸太の自然の曲がりをみながら、仕口や継ぎ手を考え、美しい木組みを

つくっていく。

その人だけの大工技術で木組みが完成した時、ひとしおの喜びを

感じるのだと思います。

苦労のあとには、喜び、達成感がひろがり、それが、技術の向上にも

つながってゆきます。

私たちも、ふと気づけば木に魅せられ、とりこになって仕事をしているみたいです。

 

私は、少しでも住まい手が木の良さを知って、本物の家を建ててほしいと

思っています。

そのきっかけになるよう、木に触れて感じる機会を多く作ってゆきたいと

考えています。

(植松)

 

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る