静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

住む人に合う部屋にしていく

新築して、10年ほどたつと

生活に合わないことも出てきます。

 

居間をたたみにして、堀座卓をつけて

日常のほとんどを、この部屋で過ごしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今も、堀座卓がお気に入りなのですが

座ったり立ち上がったりが、少しずつ面倒になってきて

家具屋さんで、いす式のこたつに実際に座ってみて

思い切って、いす式のこたつに取り替えることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不便だったり、使い勝手がよくないことがあっても

慣れで、ついついそのまま何年も過ぎてしまうことが

ほとんどかもしれません。

 

暮らしに合うよう、手をかけてあげると

毎日の暮らしは、違ってくると思います。

 


ページの先頭へ戻る