静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

和み楽しませてくれるテーブル

私が建てた ある家に行くと、
大きく長いテーブル(3.3×0.9m)が、居間の真ん中に居座っています。

これは、ご主人が新居の居間には大きな長いテーブルがほしいとのことで、
私と木材屋さんの倉庫に行って木を選んで、
作ったテーブルです。

1365322112

今思うと、それは古びた大きいだけの木でしたが、
何か惹きつけられるように、一目見ただけで その木に決まりました。
値段も手ごろでした。

汚れていて木目がわからなかったので、購入時はどんな出来栄えになるか
不安がありました。
大工さんが4人でやっと持てる重さでしたし、形もいびつで癖がありました。
大工さんがノコギリを使い、カンナをかけ、
その都度 重い木を横にしたり縦にしたりと動かし、
四苦八苦しながら 平らですっきりしていて、なおかつ自然味のある形に整えました。
その後 気に入った位置にセットするまで、方向を変えたり、
反対に動かしたり、重いので苦労しました。

最初に作った脚が細く、厚みのある大きな板とのバランスが合わず、
太い脚に作りかえもしました。
セットした段階で 全体にサンドペーパーをかけると、
あの汚かった木が こんな風にきれいになるとは想像もできなかった程に、
魅力あふれるテーブルになっていました。
その後、布で自然塗料をまんべんなく丁寧に、
しみこませるように塗って仕上げました。

1332322236

ご主人も、大工さんの手によって生まれ変わる木のテーブル製作の様子を 随時確認されていて、
より良くなるたびに喜んでいらっしゃいました。
大工さんの思いも苦労も伝わったのだと思います。

今では ご家族の団らんの中心に、
ある時は お客様との語らいの場にもなり、
このご家族には欠かすことのできないテーブルになっています。
ご主人がほしいと想い、そして、
その時そこにあったから出会った木です。
人の出会いと同じように、それも縁だと私は思います。
だから今ここに、このテーブルがあるのです。

ご主人が選び、大工さんが作り、私がポジションを決めた、
みんなの総意が そのテーブルにはつまっています。
説明しなくても、いつも開いている絵本のようにストーリーを語ってくれます。
だからこそ 親しみが持てるのです。

また おもしろいことに、この木は”モンキーポット”という名前の木で、
♪この木なんの木気になる木♪のフレーズで有名な 日立のコマーシャルの木だと
木材屋さんに教えてもらいました。
いつも話のタネになり、訪れる人を楽しませてくれます。

1303322593

私は その家に行くと、木材屋さんの話が耳に残っていて、
そのメロディがテーブルから聞こえてきます。
ご主人にとっても、ご家族と一緒に そのメロディを聞きながら飲むコーヒーは
最高の味ではないかと思います。

ずっとそばで和み、楽しませてくれるテーブルになりました。


ページの先頭へ戻る