静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

真壁和室を 事務所に

二十数年前 、家和楽工房で建てた家の 和室の続き 間だった所を 、事務所に改造しました。 昔 、私にとっても 手をかけた 思いのある 和室でした。 今は 、人の集まりや 、家の行事が少なくなったため 、和室の続き間は だんだん使われなくなってきました。

改造前

家に併用して土木会社の 事務所は ありましたが 、手狭になり 、あまり使われていない 和室の続き間を、 事務所に活用することにしました。 家和楽工房で 建てたこともあり、 その和室の雰囲気を壊さず木の温もりを感じる落ち着いた事務所にしてほしいと依頼を受け、 使いやすさと 居心地を重視して レイアウトして、作り上げました。

改造途中

和室の仕上げはそのままで、壁はわら聚楽 、床は畳から 栗の無垢板を張り 、天井は 杉の竿縁天井はそのままで、 大きなペンダントの照明を取り 、均等に 光が万遍と届くように、 竿縁の間に すっきりとした 八つの シーリングの 照明を取り付けました 。スチールの事務机だと 違和感が出てしまうので 、2300*650 の 自然木の 2枚の 板で. 机を2台 固定して作りました。 樹種は 、北海道の キハダ という固い 机に合う 木です。 言葉の如く 木肌が美しく 、見ていて 落ち着きます。 その横の手の届くところには 、日本杉の 集成材で 本棚を 作りました 。使い勝手は良いと思います 。打ち合わせのテーブルも、 谷田木材に行き選んできました 。

机想像図
机詳細図
本棚詳細図

木は、出会いです 。めぐり逢いです 。その時、めぐり合わなければ、良い木は手に入りません 。ちょうどその時 、目の詰んだ赤味の杉がありました 。多分300年あまり経っていると思います 。その社長に聞いたところ、この木は千葉の香取神社の境内にあった 杉だということです。

杉の打ち合わせテーブル

和室の空間に 見合うように、 寸分と 狂うことなく コーディネートすることで、 木のぬくもりを感じる居心地のよい 事務所になって行きます 。細部にわたって、気を使うことで、建物にこうしたいという確かな 主張が、伝わってゆます。

自然の木はやさしく落ち着きます 。キハダの机に向かえば 、仕事もはかどると思います 。そして、落ち着く分、物事を決める時、 冷静に判断できるのではと思います。

改造後

来客があった時、杉 のテーブルに向かって 話せば、より会話が弾みます 。時の経つのを忘れて、長居してしまいます 。

今 、機能ばかり優先した既製品で固められた無機質な 事務所が多い中 、こんなにいっぱいに自然が詰まったあたたかな事務所があってもいいのではと思います 。何か 、いとおしくなります。

キハダの机

私が、このリノベーションで 感じたこと、 新築の時に ちゃんとした材料で作っておけば、柱も壁も床も天井も しっかりしていて、それを壊さずに その雰囲気を変えず、 その風合いを生かした 現在に見合った、 より以上のものが できあがります。無垢の木は、手をかければよみがえってきます。 壊さず 大事にすることで 節約になり 、コストダウンにつながります。 思い入れのある家を壊すと寂しい気がしますが、 それもなくなります。

メンテナンスについて

近頃 、私どもが、 建築して 数十年経ったお客様から 、メンテナンスやリフォームの お問い合わせが 増えています。

外壁の仕上げの内容は、 環境によっても違いますが 、家和楽工房では 、建築時に 素材の確かなものを使用して 、より 長持ちするように 建てています。

「同時期に建てられた他の会社の家は 、外壁の塗装など 行なっていますが、 私の家は メンテナンスをしなくても大丈夫ですか」と質問を受けました。

そのため 「汚れ具合を気にしなければ 素材自体は傷んでいないので 十分持ちます」と 答えました。

また。 耐震強度を2倍近くまでしてありますので、度 々の揺れに対しても、 ひび割れは少なくて すみ ます 、外壁のひび割れによる コーキングをすることも少なくなります。 外壁等を 確認して 見てみなければ 分かりませんが 、メンテナンスコストは抑えられると思っています。 最初にちゃんと立てておけば 。トータルランニングコストモ 抑えることも できるし、 メンテナンスも少なく すみます。 長期的な コストダウンに つながります。

軒先があれば 、傘がさしたと同じで 汚れにくくなります。 道路沿いは排気ガスのため 汚れてきます 。外壁の南側 直射日光があたるため 、劣化しやすく なります 。建物の北側 湿気のため カビやすくなります。 状況によって劣化の具合は変わってきます。

防御できることや 、できないこともあります 。一年に一回でも水洗いすれば 、土埃などは落とせますが 、排気ガスの油汚れは 落とせません 。埃がつかなければ カビも発生しません 。できれば 一年に一回、 家庭用の ホースでいいので 外壁を 水洗いすれば 、汚れに対するメンテナンスの周期は長くなります。

色々な立地条件 、場面、場面によって、 メンテナンスの時期は変わって きます。

建てた本人が 一番 熟知 していますので 、質問や、疑問の点があれば ご連絡ください。

今 、不要な メンテナンスを進められたり 、リフォームの トラブルが 多いと聞きます。外壁、屋根、白蟻駆除などです。

メンテナンスは必ず 必要です。 的確な 時期を選び 無駄のない 工事をして欲しいと思います。

子供たちの感性を 大事にしたい

質感ある本物の素材の中で 暮らすことが 、人にとって 重要です。

子供の頃から 、音楽と 触れ合えば 音感が 備わります 。      音楽があれば 、人生は、より楽しくなります。

  質感も同じです 。

今、住宅の大半に使われている木に似せた ラッピングの 建材は、 何も感じなく、 冷たく無機質で 感情を 寄せ付けません 。 その反面 、無垢の木は 肌触りが温かく 、香りがして 深みがあり 、どことなく優しく 目に映りやすらぎます。 苛立ったり、怒ったりしたら 、その包容力で 、感情を 和らげてくれるように 思います 。本物の素材には 、人、それぞれ、 その場面、場面でいろんなことを感じさせます。 果てしなく 、創造性が あります。 幼い時期に それを感じて 育つことは 、素晴らしいことだと 私は信じます  。  質感のある空間で育つことで、 子供たちの五感が 養われるのだと思う。  

                       

感じる力が 養えれば、 物に感動したり 、美しいなと思う情緒が生まれます。 芸術を、表現するのにも長けて、何か を作り出そうとする意欲にもつながります  。 人生が、より楽しくなります 。   

また、それだけ、ものに深みを感じて、 充実した 有意義な時間を 過ごすことができると思う。

それが幸せに 通じると 信じています。

これから育っていく子供たちのためにも、 嘘、偽りの無い 素材を、素直に感じて 過ごす 環境が、大事です。 建築 に携わる者として 、感性を育む自然素材で作った家を 、提供する 使命があると 感じます。

オンリーワンのダイニングテーブル

私が職人さんと一緒に 、清水町に建てている 建物に 、まだ途中ですが 、杉の一枚板のダイニングテーブルを作りつけました。 木材屋さんで見つけ、 一目で気に入った 板です。

杉 は 一般的に 、表面は柔らかく 傷つきやすいので、 ダイニングテーブルには 不向きですが 、この木は赤みが多く 、目が詰んでいて、 とても固く 、食卓テーブルには 最高です。 長い年月を重ねて育ってきた木目は、 とても美しいです 。素生もしっかりしている 岩手産の 天然杉です。 ストーリー性があり 、どんな木か 子供達に 話すこともでき 、きっと 食卓を 楽しくしてくれると思います。

もう一つ上の階には 、若夫婦のダイニングテーブルを 、アイランドキッチンの 並びに 設えました 。節もなく すっきりとした 綺麗な青森ヒバの 木です 。ヒバの香りが部屋中いっぱいに立ち込めています 。手触りもとても気持ちいいです。

1枚板のテーブルは、高価だと思われがちですが、 加工されてない 一枚板はそれほど高価ではありません。 それを大工さんに 加工して 制作してもらえれば、 費用は それほどかからなくて済みます 。何台も 同じものを作る既製品と違い 、自分の家だけの オンリーワンの 食卓になります 。 そして、使えば使うほど 愛着が出てきます 。自然の木を使えば 、今騒がれている プラスチック製品や 化学物質の 汚染にもつながりません 。環境にもとてもやさしいです 。

こんな自然の落ち着く良いものが そばにありば、見ているだけで安らぎを与えてくれます 。家具を作る機会があれば 、自然の木を 使ってみてはどうですか。 時間を楽しく過ごせますよ。

ここだけにしかない三世代 山桜のドレッサー

家づくりの 理念として、 私たちは、 新建材を使わず、住まい手に、あたたかな気持ちが伝わるように、家は手作りに心がけています。 そんな中 、建築の途中ですが 、住まい手も 、木の良さ、木の素晴らしさを 、出来上がってくるごとに わかっていただき、 これだけの無垢の木の あるところに、 出来合いのドレッサーは 入れたくないとのことで、 手作りの ドレッサーを 製作することになりました。 また、3世代 住まわれるので お孫さんまで 3台分です。

ドレッサーの詳細図

ドレッサーを 、具体的に 作れるよう、 デザインして 図面化 しました。 図面を書きながら、 ドレッサーという事で、 何の木でもいいことでなく 、親しみの持てる あたたかみのある、 堅木が いいと思いました。 私の頭のなかに、 山桜の木が 自然に浮かんできました。 山桜の木は、深く赤みがあり、使えば使うほど光沢を放つうってつけの材料だと思いました。 山桜の天板の上には、 楽しくお化粧に迎え入れるように、ワンポイントで、貝殻のタイルを貼りました。 少し独創性が出たのではと思います。

貝殻タイル

デザインして 、独自性のものを考えて、 作るのは、面白いものです。 作った人の 気持ちが伝わり きっと 、長く 大事にされると 思ってます。

また、鏡、 ガラス棚を入れ、引き出しも付け、 完成した時、 ブログに載せます。見てください。

ページの先頭へ戻る