静岡県沼津の工務店 家和楽工房(株)- 植松一級建築士事務所

真壁和室を 事務所に

二十数年前 、家和楽工房で建てた家の 和室の続き 間だった所を 、事務所に改造しました。 昔 、私にとっても 手をかけた 思いのある 和室でした。 今は 、人の集まりや 、家の行事が少なくなったため 、和室の続き間は だんだん使われなくなってきました。

改造前

家に併用して土木会社の 事務所は ありましたが 、手狭になり 、あまり使われていない 和室の続き間を、 事務所に活用することにしました。 家和楽工房で 建てたこともあり、 その和室の雰囲気を壊さず木の温もりを感じる落ち着いた事務所にしてほしいと依頼を受け、 使いやすさと 居心地を重視して レイアウトして、作り上げました。

改造途中

和室の仕上げはそのままで、壁はわら聚楽 、床は畳から 栗の無垢板を張り 、天井は 杉の竿縁天井はそのままで、 大きなペンダントの照明を取り 、均等に 光が万遍と届くように、 竿縁の間に すっきりとした 八つの シーリングの 照明を取り付けました 。スチールの事務机だと 違和感が出てしまうので 、2300*650 の 自然木の 2枚の 板で. 机を2台 固定して作りました。 樹種は 、北海道の キハダ という固い 机に合う 木です。 言葉の如く 木肌が美しく 、見ていて 落ち着きます。 その横の手の届くところには 、日本杉の 集成材で 本棚を 作りました 。使い勝手は良いと思います 。打ち合わせのテーブルも、 谷田木材に行き選んできました 。

机想像図
机詳細図
本棚詳細図

木は、出会いです 。めぐり逢いです 。その時、めぐり合わなければ、良い木は手に入りません 。ちょうどその時 、目の詰んだ赤味の杉がありました 。多分300年あまり経っていると思います 。その社長に聞いたところ、この木は千葉の香取神社の境内にあった 杉だということです。

杉の打ち合わせテーブル

和室の空間に 見合うように、 寸分と 狂うことなく コーディネートすることで、 木のぬくもりを感じる居心地のよい 事務所になって行きます 。細部にわたって、気を使うことで、建物にこうしたいという確かな 主張が、伝わってゆます。

自然の木はやさしく落ち着きます 。キハダの机に向かえば 、仕事もはかどると思います 。そして、落ち着く分、物事を決める時、 冷静に判断できるのではと思います。

改造後

来客があった時、杉 のテーブルに向かって 話せば、より会話が弾みます 。時の経つのを忘れて、長居してしまいます 。

今 、機能ばかり優先した既製品で固められた無機質な 事務所が多い中 、こんなにいっぱいに自然が詰まったあたたかな事務所があってもいいのではと思います 。何か 、いとおしくなります。

キハダの机

私が、このリノベーションで 感じたこと、 新築の時に ちゃんとした材料で作っておけば、柱も壁も床も天井も しっかりしていて、それを壊さずに その雰囲気を変えず、 その風合いを生かした 現在に見合った、 より以上のものが できあがります。無垢の木は、手をかければよみがえってきます。 壊さず 大事にすることで 節約になり 、コストダウンにつながります。 思い入れのある家を壊すと寂しい気がしますが、 それもなくなります。

オンリーワンのダイニングテーブル

私が職人さんと一緒に 、清水町に建てている 建物に 、まだ途中ですが 、杉の一枚板のダイニングテーブルを作りつけました。 木材屋さんで見つけ、 一目で気に入った 板です。

杉 は 一般的に 、表面は柔らかく 傷つきやすいので、 ダイニングテーブルには 不向きですが 、この木は赤みが多く 、目が詰んでいて、 とても固く 、食卓テーブルには 最高です。 長い年月を重ねて育ってきた木目は、 とても美しいです 。素生もしっかりしている 岩手産の 天然杉です。 ストーリー性があり 、どんな木か 子供達に 話すこともでき 、きっと 食卓を 楽しくしてくれると思います。

もう一つ上の階には 、若夫婦のダイニングテーブルを 、アイランドキッチンの 並びに 設えました 。節もなく すっきりとした 綺麗な青森ヒバの 木です 。ヒバの香りが部屋中いっぱいに立ち込めています 。手触りもとても気持ちいいです。

1枚板のテーブルは、高価だと思われがちですが、 加工されてない 一枚板はそれほど高価ではありません。 それを大工さんに 加工して 制作してもらえれば、 費用は それほどかからなくて済みます 。何台も 同じものを作る既製品と違い 、自分の家だけの オンリーワンの 食卓になります 。 そして、使えば使うほど 愛着が出てきます 。自然の木を使えば 、今騒がれている プラスチック製品や 化学物質の 汚染にもつながりません 。環境にもとてもやさしいです 。

こんな自然の落ち着く良いものが そばにありば、見ているだけで安らぎを与えてくれます 。家具を作る機会があれば 、自然の木を 使ってみてはどうですか。 時間を楽しく過ごせますよ。

神代ケヤキのテーブル

建築主に 800幅 2600の長さの 無垢のテーブルが欲しいとの依頼を受けました 。今までは 既製品の 化粧板で機能をはたすだけのテーブルでした 。私は木のやさしさ、おおらかさに魅せられ無垢で 造作家具、 食卓テーブルなど 作って 住宅に 取り入れています。 その、かもしだすやさしさとか、柔らかさ、 風合いに建築主が触れた事で 、事務所にも落ち着いた木のぬくもりのあるテーブルが 欲しいとのことになりま した。 その意向を受け木材店に出向き それにあった木、青森ヒバ、 北海道のキハダ、 大きな楠木、 神代ケヤキ、などを見せてもらいました。 私の中で 神代ケヤキが 一番いいと 思って いましたが 依頼者の 好みも 伺うため 写真を撮って 帰りました 。その後見ていただき 吟味した結果 神代ケヤキに 決め、制作に移りました。

1000年土の中に埋まっていた 神代ケヤキ

1000年以上 土の中に眠っていて 、現代に よみがえった木、 神代ケヤキを テーブルにしました。 よく腐りもしないで、 1000年もの間 生き残っていたかと、 思うと、 ロマンを感じます。 職人さんが、荒々しかった木を、すべすべに 磨いて、 オイルを塗り、 美しく仕上げました。 普通のけやきは、 木目がくっきりとして 、印象度 が強く 、自己主張が強い木ですが、この木は、木目が優しくおとなしく、 控えめで、 テーブルに しつらえて置かれたものを引き立てます。 またやさしい木なので向かい合って会談した時など 居心地がよく、 落ち着くので、 話が弾むと思います。 この上で食事をしても、器や料理が 一層映えるので、 より楽しい食卓になると思います。 木は、人生を、楽しくバックアップしてくれます。

裾野に木の香りいっぱいの家が完成を迎えています。

裾野の 家が ようやく 完成を迎えています。10年前に建てさせていただいた家の建築主さんからのご紹介でこの家を請けおわせていただきました。私のコンセプトである自然素材、日本の無垢の木、自然木、など本物にこだわり、シンプルで無駄のない未来の家族に繋がる、温かな家が完成したと思っています。

玄関を開けて入ると木の香りがして、スッキリとして、いやな匂いはいっさいしません。床は信州から取り寄せた唐松を張りました。その下地もベニヤ板でなく杉板です。柱は地元の富士桧、クロゼット、下足室、押し入れの壁は空気浄化、調湿効果のある杉板です。室内の壁は、健康に厳しいドイツから生まれた壁紙コバウ、その上に調湿効果のある自然塗料フェザーフィールを塗り真っ白な落ち着いた壁に仕上げました。化学物質の匂いは無く、空気がきれいで気持ちいいいです。森の中にいる気分です。暖かい日☀️に唐松の板の上で昼寝をしたら、さぞ、気持ちいいと思います。

また、家具も自然木で作り上げました。ダイニングテーブルは、ならの木です。無機質な 化粧合板の テーブルも 綺麗で いいけれど、 やはり 、食卓を囲むのは 、やわらかさと 優しさのある 無垢の木の テーブルの方が いいと思う 。そのテーブルの上で 食事をしたほうが 、はるかに和むのではと思う。 自然木はやさしいです。そして、料理を引き立てます。

テレビ台 や 食卓テーブル 横のカウンター も 自然木で 作りました。 市販のテーブルや テレビ台 、 食器棚 、 家具を買う予算があれば、 建築工事費の中に入れ 作ることが可能です 。そして室内に マッチして納まります。 地震の時 作り付けなので 倒れてくる心配もありません。

そして、時が経つにつれて 、木は飴色になり 、風合いが増してきます 。そして、それが愛着につながります。 手入れをしていれば 、木は 美しい表情を見せ答えてくれます。汚れても、傷がついても サンドペーパーや 、かんなで 削れば 元のように きれいに再生します 。自然の木は長生きで人に寄り添います。

木は人に 五感を感じさせます。 匂い、手触り、 見た目の優しさ、 柔らかな反響音、 赤ちゃんが舐めても大丈夫な木のおもちゃ、私が作りたい住宅は、 五感を感じさせる木の家です 。

また、私は、タイルが好きなので 台所 、洗面、玄関、に惜しみなくタイル を使っています。 タイルの色合いと手作り感が 何とも言えません。 一つ一つに独立性が あるので 使い方で 面白さを演出できます 。そして出来た時の 表情が 好きなんです。そして、私はタイルに子供の頃の 郷愁を感じるのです。

木は人を楽しませ、人を裏切りません。家族みんなを癒してくれると私は思っています。やさしい木に、つつまれて生活することは最高の贅沢だと思います。

この家を ご覧になりたい方はメール、お電話等で ご連絡ください。 いつでも、ご案内させていただきます。

家づくり あれこれ:2020年04月03日(金)

リノベーションにはデティールが大切

家和楽工房では今新築とともにリフォームの仕事を請けて施工をしています。 新築と違い一からイメージして建築主に合った家を作りあげてゆくのではなく、既存のある家に現代の生活様式を取り入れ住みやすい家に再生してゆかなければなりません。既存建物であるため、かたち、骨組み、広さ、は思うようになりません。いろんな面である程度の制限がかかってきますが、その中で最良の住宅を提供して行こうと思います。

わたしがよりよいリフォームだと思うのは、前に建てた大工さんの思いや良い所を生かしそこを原点として,バリヤフリーや耐震性、光熱費のコストダウン、断熱材設置による省エネルギー性能、建築主の生活様式に合った住宅機器の選択、設置、雰囲気をかもし出す仕上げ、そして化学物質にさらされない健康な居住空間作り出すことが私のリフォームの役目だと思っています。基本は前の家です。最初のときの構造がしっかりしていれば人が最良に手をくわえてゆけば、家はその都度、成長してゆき住む人を楽しませてくれます。

環境、使用材料、構造、メンテナンスなどによって家の寿命はそれぞれ異なります。基礎、構造木材が著しく朽ちて、損傷して補強しても今の耐震基準にならない場合、内装や新しい住宅機器にリフォームしても家が地震で傾く可能性があるとすれば、私はお金をかけても無駄だと考えます。建物が倒れないのが一番の優先順位だと思います。この場合は予算も大変すが、安全のために、建て替えを進めます。この家は20年経っても基礎、土台、はしら、はり、など構造材もしっかりしていて直しがいのある家だと判断しました。構造がしっかりしていれば必要箇所に筋交いや耐震金物を入れ今の耐震基準を充たすことができます。また、基礎もひび割れがなく強固ならばある程度補強で不動沈下も起こしにくくなります。解体費用も削減され、基礎、構造が残り骨組みの費用はかかりませので、最終的には大幅な予算削減にもつながります。新築するより、大半変えても3分2以下にはなると思います。

そして、また、重要なことが細部の納まりです。新築は新たに、作り出すものなので自由がききます。改築は以前残っている納まりを基準に新たな納まりを考えなければなりません。その建物に合わせたきめこまやかな配慮が必要になってきます。それをおろそか にして納めようとすると、必ずあとで、支障がでてきます。そこであらかじめ、現場を把握して検討して、現寸図、詳細図を描いて納まりを確認して初めて施工うつります。リフォーム現場はキット化した既製品ではまとめることができません。

リフォームは、大工さんの腕にかかっています。大工さんの技術はたいしたものです。ノコギリ、カンナ、ノミを使い手作業で私が描いた詳細図でくるいなく現場をまとめてゆきます。大工さん、職人さんの作業がとどこおることがないように私はデティールを描いて仕事がスムーズに進むよう心がけます。ひとつ、ひとつの積み重ねた気づかいと、細やかな納まりが集大成となり、すっきりとした自然味のある住み心地の良い住宅が完成するのだと思います。また、職人さんひとり、ひとりのチームワークから良い家が生まれます。

そして、住むひとに喜んでもらえば最高です。

家づくり あれこれ:2020年03月28日(土)
ページの先頭へ戻る